“Digital Works 2016-2017(成果発表会)”が開催されました!【インダストリアルデザイン学科】

DSC_0059

学びの集大成!
ものづくりへのこだわりが詰まった、アイデア満載の作品の数々

2017/2/9(木)、インダストリアルデザイン学科による合評会が開かれました。1・2年生全員が今年度の制作課題の中から自信作をプレゼンテーションしました。課題はミニ四駆やラジコンカーといったホビー系から、家具や生活雑貨など、テーマも素材も多岐にわたっています。
発表では、設計データやモックアップを用いた分かりやすい説明が基本ですが、映像や音楽などを駆使した凝った演出も見ごたえたっぷり。その根底にあるモノづくりに対する真剣な姿勢は共通しており、観客としても大いに楽しめ、また共感できるものばかりでした。
プレゼンテーションについては場数を踏むことも大切で、「やはり2年生と1年生では差が感じられる」という審査員からのコメントもありました。

DSC_0040_2

全員就職が決まっている2年生は学校生活の締めくくりということもあり、教員からは、「きびしいこともあるが、くじけずがんばれ」という激励の言葉がかけられました。また1年生には「あと1年、やりたいことをやり抜こう」というエールが送られました。

01 02 0304 05 06
07 08_1 09 DSC_0121
middle02 middle01

今年度の選択課題の中には、他学科とコラボレーションして取り組んだものもあります。昨年に引き続きおこなったハード分野とコラボでのラジコンカー製作に以外にも、声優タレント学科進級演劇公演の舞台オブジェとして使用された照明器具の製作が加わり、女性チーム(左)のプレゼンテーションではその好評ぶりも伝えられました。
また、同じ照明課題を選択した2年生の福田 優さん(右)は、映像や音楽をふんだんに使った演出で笑いを誘い、会場を大いに盛り上げた結果、見事人気投票で最多得票数を獲得得しました。

注目の各賞の発表では、1年生の優秀賞にていねいなプレゼンテーションが光った陳 奕竹さんの「万年筆スタンド」、2年生の優秀賞にはモノづくりへの情熱がこもった梶木 佑太さんの「ドライバー」が選ばれました。そして見事最優秀賞に輝いたのは1年生の富田 智里さんでした。
彼女の作品は、合評会に先立って実施された企業の方へのプレゼンテーションで指摘された点を短期間で修正・改良して仕上げた「女性向けのドライバー」。今年度幾度にも渡りプレゼンテーションを積み重ねた積極性も評価されました。また、その他の賞と全員による人気投票の結果も発表され、受賞者に担当の先生からのコメントと賞状が贈られました。

17_209_109
▲左から、プロダクトデザイン賞:西 天弘さん 1年生(和歌山県 市立和歌山高等学校出身)
機械設計賞:牛川 正寛さん 2年生(兵庫県 西宮香風高等学校出身)
優秀賞:陳 奕竹さん 1年生(留学生 台湾出身)
最優秀賞:富田 智里さん 1年生(兵庫県 香寺高等学校出身)
優秀賞:梶木 佑太さん 2年生(兵庫県 三田松聖高等学校出身)
3次元CAD賞:草木 拓也さん 2年生(大阪府 長尾谷高等学校出身)
モックアップ賞:松岡 洸大さん 1年生(兵庫県 加古川北高等学校出身)
人気投票最多得票賞:福田 優さん 2年生(岡山県 玉島商業高等学校出身)


17_209_113【最優秀賞】
富田 智里さん 1年生
(兵庫県 香寺高等学校出身)
作品名 「SARA」(ドライバー)

人とモノへの優しさを形にした
手から滑り落ちないドライバー

女性向けということを意識し、ありきたりのものにならないようアイデア出しやスケッチの段階で一番苦労しました。滑り落ちないよう、ストラップがついているところがポイントです。前回の発表から改良を施したのですが、頭の中のイメージを実際にカタチにし、使ってみるという検証作業の重要性を身にしみて実感しました。企画をしたり、モノづくりをするのが好きな自分を発見したので、これからも楽しんでやっていきたいです。

17_209_118【優秀賞】
梶木 佑太さん 2年生
(兵庫県 三田松聖高等学校出身)
作品名 「Pr Driver」(ドライバー)

最小サイズで最大機能を追求した
「自分が欲しい」こだわりツール

まず「自分が欲しいモノ」をつくりたいというのが出発点で、その先に他の人にも使いやすいモノを、と考えました。たくさんの取替用の先端ビットが内部に収まるギリギリ最小のサイズを追求しました。ちょっとした家具ならふつうにつくる家に育ち、子どもの頃からよくDIYを手伝っていました。卒業後は機械設計の道に進みますが、そこで身に付けたことを活かして将来的には家具などのデザインができればと思っています。

17_209_120【優秀賞】
陳 奕竹さん 1年生
(留学生 台湾出身)
作品名 万年筆スタンド

収納することが同時に陳列に!
コレクションへの愛を形にしました

ひそかに自信はありましたが、プレゼンテーションで凄い作品をいっぱい見たので、賞がもらえて驚きました。もともと万年筆が大好きでたくさん持っているのですが、ペン置きは持っていませんでした。水彩画もやるので、絵筆置きとしてもこんなのがあったら便利かなと思いました。シンプルなデザインですが、スケッチの通りに試作したらバランスが悪く、細かいところを微調整しました。身の回りの雑貨が好きなので、これから可愛い家具なんかもつくってみたいですね。

関連リンク