【建築・インテリア業界セミナーレポート】人気テレビ番組「住人十色」にも出演した、西村 周治氏によるセミナーを開催!

「住人十色」にも出演した神戸R不動産の建築士が登場!
多様化する不動産・建築業界の今後のトレンドを語ってくれました
H29_7_30_033
2017年7月30日(土)、人気テレビ番組「住人十色」に出演したことがある神戸R不動産 西村周治氏による「建築・インテリアデザイン業界セミナー」が開催されました。全国10拠点で展開するR不動産は普通の不動産会社とは違い、新しい視点で不動産を紹介することで話題を集めています。今回のセミナーでは、西村氏から古い建物を蘇らせる“リノベーション”、自身で修理修繕を行う“DIY”を軸に、不動産や建築業界の新しいトレンドについて話がありました。
H29_7_30_024
セミナーに先立ち、あらためて西村氏からR不動産の概要が伝えられました。R不動産の最大の特徴は、間取りや駅近、新築や築浅という従来の基準ではなく、普通では評価されないような物件だけを扱っていること。たとえば、神戸R不動産では六甲山に建つ企業の保養所、有馬にある温泉付きのマンション、神戸市北区の農村にある古民家などいずれも魅力あふれる物件です。
H29_7_30_052
なかでも、阪急神戸線(王子公園から三宮間)の高架下物件については、西村氏がもっとも力を入れて取り組んでいるそうで、くわしく解説されました。空き家のまま長年、眠っていた区画を神戸R不動産が賃貸物件として情報提供。すでに家具店、工房、ダンススタジオなど賃貸として活用されている4つの物件を例にあげて紹介されました。廃墟のような雰囲気漂う物件が、人が集まる場所へと変わる姿に、参加学生たちも驚きの表情を見せていました。
H29_7_30_028
H29_7_30_030
H29_7_30_037
最後に「フリーターから家を買うまで」というタイトルで、現在に至るまでの西村氏の軌跡を振り返りました。
大学で建築を学んだものの就活をせず、卒業後はラーメン店でのアルバイト。その後、小さな設計事務所、アトリエ事務所、ハウスメーカーの設計と渡り歩き、「自分のやりたいことは何かを模索していました」と西村氏。その後、知人を介して神戸R不動産の代表と出会い、そこから今へとつながります。
H29_7_30_054
神戸R不動産とは別に自身の家をセルフリノベーションしたことも紹介。その後、約300万円で購入した団地を賃貸住宅に、古い診療所をシェアハウスにリノベーション。
「35年ローンを組んで新築を買うということが当たり前だった価値観は、今後は違っていきます。住宅、不動産の価値は均一ではないんです。リノベーションやDIYは建築をダイレクトに楽しめるので、ぜひチャレンジしてほしいですね」と締めくくりました。
H29_7_30_082
H29_7_30_068

やりたいことに貪欲に挑戦し
建築に限らず広い視野をつけてほしい
神戸R不動産 / 有限会社Lusie
一級建築士、宅地建物取引主任士
西村 周治氏
H29_7_30_113
僕が神戸R不動産の代表に会ったのは今から6年位前のことで、中古物件をリノベーションするというのは、まだまだマイナーな事でした。
そこから一般的には評価されにくいような物件を探して、紹介リノベーションする活動をしてきました。最近ではいろんな人にも知っていただけるようになり、活動の幅が広がりつつあります。
僕が魅力的だと思う物件は、海が見えたり自然にあふれていたりロケーションの良いところ、そして気の合う仲間やご近所さんなどコミュニティがあるところ。誰も見向きもしなくてもそのような条件があれば、必ず価値が上がるんです。その見極めが、建築や不動産に携わる者には必要だと思います。
学生のみなさんには、本質的に物件を見る力を養ってほしい。そのためには、やりたいことや興味のあることに貪欲に挑戦することが大切です。つまらなければ、やめればいいんだし。違う世界を知ることで、建築を見る視点が必ず広がるはずです。そして、何より仲間をつくること。学歴や職歴ではなく、生きる力を持っている人と出会い、いい仲間をたくさん見つけてほしいと思います。

【関連ページ】
・神戸R不動産
・神戸電子専門学校 建築インテリアデザイン学科 紹介ページ
・神戸電子BLOGページ
・参加無料!体験入学・オープンキャンパス特設サイト