ACF フォトレポートその3「 継続すべきと実感 」

2010.5.18

CATEGORIES:海外 ,神戸 ,

4/30(金)〜5/2(日)の3日間に渡り本校北野館を会場として開催されたアジアコンテンツフェスティバルin神戸( ACF )
 
100501 ACF 30
 
ACFで数多く開催されたセミナーの最後を飾っていただいたのは、ご存知国民的ゲームソフト「 桃太郎電鉄 」の産みの親、さくまあきら先生。 学校の特別授業との合わせ技でもって招聘が実現しました。 神戸電子のWebにレポートが前編後編分かれて掲載されています。 巨匠の凄みはこちらをご覧ください。
桃電の前進、桃太郎伝説、懐かしいです。 楽屋で少しお話を伺いました。 伴を連れた勇者。 ロールプレイングの王道は間違いなく日本の桃太郎ですね。桃電本でも日本全国各地のグルメが取り上げられていますが、全てご自身の舌で食べ歩き、納得したものだそう。 神戸の代表食として、味噌ダレの餃子にクローズアップしておられた。 感激です。 全国的にはまだ知られていませんが、神戸の餃子は日本一美味しいんです。 楽屋でお聞きしたところ、京都の美味しい中華料理店の方々が神戸まで食べに行くとの話を聞かれ、即足を伸ばされたとか。 素晴らしいお仕事です。
それにしてもキングボンビーの存在感は大きい。
 
 
100501 ACF 32
 
ACFの写真撮影を担当してくださった五十嵐恭雄さん。
彼のブログトップに掲載されている写真、好きなんですね。 フォトレポートの写真中、この写真は私、フォトレポートその1の集合写真等はスタッフが撮りましたが、他のバシッと決まったショットは五十嵐さんの撮影です。
撮影の合間の瞬間を狙って撮ってみました。 笑顔が気持ちいい方です。
 
 
100501 ACF 34
  
素晴らしい出演者と来場者に恵まれたアジアコンテンツフェスティバルin神戸。 事やものを創る思いを持った人が集まることほど面白い事はないですね。 継続開催の必要性を強く感じました。 次回に向け準備を進めます。
 
100501 ACF 36
 
100501 ACF 38
 
100501 ACF 40
 
運営関係者の皆様、お疲れさまでした。

pagetop