7/30 (火)13:00~

ゲーム業界の過去、現在、未来!

※体験授業もセットで受講できます。

約20年に渡り最前線でゲームコンテンツ開発、人材育成、社業の成長に注力をしてきた須田剛一氏と松山洋氏。お二人の経験から見えてきたゲーム業界の過去、現在そして未来についてお話していただきます。

グラスホッパー・マニファクチュア 開発作品
『Travis Strikes Again: No More Heroes』20190730_GHM_CC2_01
20190730_GHM_CC2_02
20190730_GHM_CC2_03©Marvelous Inc. / Grasshopper Manufacture Inc.

 

サイバーコネクトツー開発作品
『戦場のフーガ』※画像は開発中のものです。20190730_GHM_CC2_04
20190730_GHM_CC2_05
20190730_GHM_CC2_06機種:未定
ジャンル:ドラマティックシミュレーションRPG
発売日:未定
開発:株式会社サイバーコネクトツー
©CyberConnect2 Co., Ltd.

※体験授業もセットで受講できます。

講演者プロフィール

株式会社グラスホッパー・マニファクチュア
代表取締役社長/ゲームデザイナー
須田 剛一氏

株式会社グラスホッパー・マニファクチュア
代表取締役社長/ゲームデザイナー
須田 剛一氏

1993年にヒューマン株式会社にプランナーとして入社し、『ファイプロ』シリーズなどを手がけた後、1998年に株式会社グラスホッパー・マニファクチュアを設立。『シルバー事件』をはじめ、『killer7』『ノーモア★ヒーローズ』等でディレクター、脚本、ゲームデザインを務める。

株式会社サイバーコネクトツー
代表取締役
松山 洋氏

株式会社サイバーコネクトツー
代表取締役
松山 洋氏

博多に本社を置き、東京、モントリオールに拠点を構える、元気なゲーム制作会社サイバーコネクトツーの代表兼ディレクター。開発の傍らで毎月、60冊の漫画誌を読んでいる大の漫画好き。アニメや映画、もちろんゲームも漫画も幅広く、こよなく愛している。非常に"濃く""熱い"人間である。

協力

株式会社グラスホッパー・マニファクチュア × 株式会社サイバーコネクトツー

株式会社グラスホッパー・マニファクチュア × 株式会社サイバーコネクトツー

【グラスホッパー・マニファクチュア代表作品】

代表作には『シルバー事件』をはじめ、『killer7』『ノーモア★ヒーローズ』シリーズ、『シャドウ オブ ザ ダムド』『LOLLIPOP CHAINSAW』『KILLER IS DEAD』がある。また最新作は2019年発売の『Travis Strikes Again: No More Heroes』 。

【サイバーコネクトツー 代表ゲーム作品】

『NARUTO-ナルト- ナルティメット』シリーズ、『.hack』シリーズ、『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン』、『Solatorobo それからCODAへ』、『アスラズ ラース』他。最新作には、『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームトリロジー for Nintendo Switch』、『.hack//G.U. Last Recode』。著書として、『熱狂する現場の作り方 サイバーコネクトツー流ゲームクリエイター超十則』、『エンターテインメントという薬 -光を失う少年にゲームクリエイターが届けたもの-』など。

他のイベントをみる!

ページの上部へ戻る