8/3 (土)13:30~

開発者も哭いた!?『鬼ノ哭ク邦』開発秘話

※体験授業もセットで受講できます。

2019年夏、スクウェア・エニックスからリリースされる新作アクションRPG『鬼ノ哭ク邦』。その斬新なアートスタイル実現のためTokyo RPG Factoryが挑戦した技術と工夫とは!?トークセッション形式で語ります。

20190803_SQEX_01_2

20190803_SQEX_02
20190803_SQEX_03
20190803_SQEX_04
20190803_SQEX_05『鬼ノ哭ク邦」
© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Developed by Tokyo RPG Factory.

※体験授業もセットで受講できます。

講演者プロフィール

株式会社スクウェア・エニックス
第2開発事業本部ディビジョン6
プロデューサー
株式会社Tokyo RPG Factory取締役
時田 貴司氏

株式会社スクウェア・エニックス
第2開発事業本部ディビジョン6
プロデューサー
株式会社Tokyo RPG Factory取締役
時田 貴司氏

1984年ゲーム業界に。1986年スクウェア・エニックス入社。
デザイナー、プランナーを経てディレクター、プロデューサーに。
代表作は『FINAL FANTASY Ⅳ』、『LIVE A LIVE』、『クロノ・トリガー』、『半熟英雄』、『ナナシノゲエム』等。

株式会社Tokyo RPG Factory
テクニカルディレクター
熊谷 宇祐氏

株式会社Tokyo RPG Factory
テクニカルディレクター
熊谷 宇祐氏

2003年に株式会社レベルファイブにプログラマーとして入社。
リードプログラマー、ディレクターを経つつ、マルチプラットフォーム向けの自社ライブラリを開発。2016年1月から株式会社Tokyo RPG Factoryに入社。
ゲーム業界で最初に携わった作品は『ドラゴンクエストVIII』、代表作は『レイトン教授シリーズ』。

協力

株式会社スクウェア・エニックス ×株式会社Tokyo RPG Factory

株式会社スクウェア・エニックス × 株式会社Tokyo RPG Factory

他のイベントをみる!

ページの上部へ戻る