ACF実行委員会より

2011.4.28

CATEGORIES:学校・教育 ,

ACF2011_logo-01
 
  
第2回アジアコンテンツフェスティバルin神戸開催にあたり
 
「 コンテンツで元気になろう 」
 
2年目を迎えたACF。大会の趣旨通り「神戸が世界のコンテンツ・ハブ」を目指し、踏み出した歩みを前に進めています。私たちはコンテンツの持つ力を信じます。それは、人を繋ぎ、人を勇気付け、人の未来を変えるエネルギーを秘めているからです。
当地に住む者は、3.11東日本大震災の報に接し、16 年前の阪神淡路大震災を想起します。被災の中で、多くの人たちに支えられ、復興を成し遂げた思いを。人と人の繋がりは、心の温もりとともに、多くの ”メッセージ“ を交換しました。未来を思い、力を合わせることができたのは、互いに寄り添うことができたらだと思います。
私たちは、直接的な言葉とともに、アート、音楽、デザイン、映像などのコンテンツを介して、“メッセージ” を伝える術を知っています。
私たちは、まだまだ若く、未熟です。しかし、思いを伝えたい、表現したい気持ちを持っています。
ACFは、思いを持った若者が集い、未来を明るくしていく端緒となることを期待しています。
 
 
2011年4月吉日
アジアコンテンツフェスティバルin神戸実行委員会
 
 
草なぎ洋平(東京ピストル代表取締役 / プランナー、編集、デザインディレクター)
 
源田定之(神戸電子専門学校デジタルコンテンツ部長)
  
田中まこ(神戸フィルムオフィス代表 / フィルムコミッショナー)
 
永吉一郎  (神戸経済新聞株式会社神戸デジタル・ラボ代表取締役)
 
那須惠太朗(株式会社サンテレビション 編成局 編成業務部 副参事)
 
西元 威 (神戸市企画調整局情報化推進部主幹)
 
ひでつう (株式会社ノリシロックス / クリエイティブディレクター)
 
福岡壯治(神戸電子専門学校校長)
 
森下悦伸(株式会社ラジオ関西常務・編成制作局長)
 
 
ACF2010フォトレポ その1
ACF2010フォトレポ その2
ACF2010フォトレポ その3

pagetop