講師の紹介 <デジタルアニメ>

放課後も親身になって、
あなたの目標を徹底的に
サポート!
だからあこがれのアニメ会社に就職できる。

授業での内容をその日のうちに反復できる環境。
それは実習環境だけではなく、熱意をもって指導してくれる教員。
その二つの要素を使えるからこそ、あなたの夢が現実になるのです。

  • 土居 秀和先生

    動画/アニメ基礎担当土居 秀和先生

    ”動かす”ことに
    興味を持とう。

    動きの物理法則を学び、画を描き、基礎を養い、実物を描ける作画技術を身につけます。

  • 久志 秀彰先生

    アニメ制作/アニメ基礎担当久志 秀彰先生

    まずは
    アニメ作りを楽しむこと

    作り手側の視点を持ち、幅広い知識と人を楽しませる意識を学んでほしいです。

  • 赤松 富美雄先生

    撮影担当赤松 富美雄先生

    やる気があれば
    納得できるまで教えます

    映像素材から構成、表現を学習しアニメーターとして素地を固めていきます。

  • 石原 裕介先生

    ペイント担当石原 裕介先生

    業界で得た経験・知識を
    伝授します

    アニメ業界で働きたい!そんな学生の熱意に対して、私の知識と経験を伝えて全力でサポートしています。

  • 東野 眞紀先生

    デッサン担当東野 眞紀先生

    みんなで
    一緒に同じ画を描く。
    その楽しさを
    共有しましょう。

    デッサンは、画力を養う基礎中の基礎。立体を正確に捉える目や、3次元のものを表現する描写力を養いましょう。

土居先生

世界中の人達を感動させる日本のアニメ!今君が新しいアニメの未来を創る!

日本のアニメーションは多くの国の人達に視聴され、愛されています。ただし、日本のアニメーターの質は全体的には落ちてきているのが現状です。今、アニメ業界はガッツのある、絵を動かすことが大好きな若者を欲しています。
能力が有り、努力する姿勢、コミュニケーション能力があれば、作画監督、キャラクターデザイナーは夢ではありません。私達は、アニメ業界で活躍できる人材を日々育てています。その道のりは決して平たんなものではありません。
絵は描かなければ上手くなりません。その為に、「学ぶ姿勢」「努力する力」「コミュニケーション能力」を徹底的に鍛えます。
これからの時代、紙と鉛筆だけではなく、デジタル作画を学ぶことは必須です。ですが、その為には基礎である、デッサン、人体構造学、透視図学等様々な知識と技術力を身に着ける必要があります。

私達は一つ一つ丁寧に、ですが妥協することなく皆さんを指導していきます。さあ、憧れのアニメクリエイターを目指して、世界中の人達に感動を与えましょう!!

土居 秀和 先生

プロフィール
2000年5月着任 1967年兵庫県伊丹市生まれ
職歴
関西アニメプロダクション アニメ教育機関
担当教科
動画、アニメ基礎
鉛筆と色鉛筆を使って、キャラクターの顔の「模写」にチャレンジ! 鉛筆と色鉛筆を使って、キャラクターの顔の「模写」にチャレンジ!
体験
授業
鉛筆と色鉛筆を使って、
キャラクターの顔の「模写」にチャレンジ!

「キャラクター設定表を見ながら、白紙の紙にキャラを描き写す」という内容です。
キャラクターを模写するということは、似せることが目的と考えがちですが、実際には、キャラクターや物の特徴などを捉え、「次に描くときに、見なくても描けるようになる」ことが本来の目標です。
見て記憶の残っている内に速写することでも上手くは描けるようになりますが、キャラの特徴を捉え、確認しながら描く本来の意義を確認しながら、じっくりと模写に取り組んでもらうことで皆さんの画力を引き上げます。

体験授業を詳しく見る

アニメーション制作・アニメーター・ペイント・制作進行の
学科・コース

アニメーション制作・アニメーター・ペイント・制作進行を学ぶ
学科・コースについて詳細情報