よくある質問

みなさまから寄せられる質問と
その回答をご紹介。

神戸電子の学校生活、学科、学費についての
質問についてまとめております。

特によく寄せられる質問

  • 定員に達した学科を知りたい。

    出願状況は公開しておりませんので、電話( 0120-449-467 )か神戸電子公式LINEにてお問い合わせください。

    近年の傾向では、年末から一部の学科への出願が急増する傾向が見られます。その時期に出願をご検討の方は、お早めに手続きすることをオススメします。

    また、大学・短期大学併願制度の利用を検討している方も、大学の結果が出てからでは定員に達している場合もあり得ます。この場合も、お早めに手続きすることをオススメします。

  • 大学卒業後や社会人になってからでも入学できますか

    入学に問題はございません。
    毎年、およそ20~30%の方が、高校卒業後何年か経てから(再進学やリカレント生と呼ばれています)本校に入学しています。
    現役高校生より目的が明確になってから来られる方は、夢や目標を果たして卒業される傾向が高いです。「再進学をお考えの方へ」のページでは事例なども紹介しています。
    ただ、本校は夜間に通えるコースはございませんので、ご了承ください。

  • 学費等を減免する方法はどんなものがありますか?

    神戸電子で実施しているものでは、次の3つがあります。
    1.特別奨学金(最大3万円)
    オープンキャンパスやオンラインでの説明会参加等に参加いただくと「イベント参加証ポイント」が付与されます。AO入学・指定校推薦入学・神戸電子特別入学で出願された方は、そのポイント数に応じた特別奨学金が支給されます。本校入学の多くの方に利用いただいている最も手軽な奨学金です。
    2.KD特待生制度(最大60万円)
    特待生試験を受けていただき、その結果によりランクが認定された方に対して支給されます。試験内容については、特待生制度のページもご覧ください。
    3.資格取得特待生制度(最大60万円)
    本校が定める資格を持っている方は、そのランクに応じて支給されます。適用される資格は、募集要項のPDFをご覧ください。

    他団体・機関等で実施しているものでは次のものがあります。
    1.返還が不要な給付型奨学金「高等教育の修学支援新制度」
    世帯収入によって支給額が変わりますが、返還が不要なものです。高校在学時に予約採用で申し込んでおくことで、本校で入学時に納入いただく金額が減免されます。
    予約採用で申し込めなかった方は、入学後に申し込むこともできます。
    2.返還が必要な奨学金や教育ローン
    日本学生支援機構による「第一種奨学金」「第二種奨学金」、国の教育ローン、労働金庫(ろうきん)の入学時必要資金融資、生活福祉資金貸付制度【教育支援資金】(都道府県福祉協議会)などがあります。
    詳細は募集要項のPDFもご覧ください。

  • 偏差値ってどれくらいですか。

    本校では、合否を決定するための学力考査等を実施していないので、入学に対する偏差値という概念がありません。
    大事なのは、「なりたい職業と入ろうとしている学科に食い違いがないか」の確認です。これにズレがない方は基本的にみなさんお迎えさせていただいています。
    ただ、各学科ごとで定員に達し次第締切になります。決意が固まれば、早めに出願の準備を進めておいてくださいね。

  • 次のオープンキャンパス等のイベントはいつありますか?

    近日のイベントは、イベント特設サイトに紹介しています。
    コロナ禍や緊急事態宣言発令下においては、無理をせず自宅から参加いただけるイベントも用意しています。
    どんな学科があるのかを簡単に知りたい方は、「学科紹介ダイジェスト(YouTube動画)」をご覧ください。
    希望の学科をさらに詳しく知りたい方は、「Webでオープンキャンパス」をご覧ください。
    入試や学費・奨学金について詳しく知りたい方は、「Webで入試&学費説明会」をご覧ください。
    お申込いただければ、自宅でお好きなタイミングでご覧いただけます。まずは視聴いただき、感染拡大が落ち着いたときに改めてご来校いただくのがオススメですよ。

学校について

学科について

質問が見つかりませんでしたか?

ここで解決できない質問には、LINE・電話・Webのお問い合わせフォームにて、質問をお送りください。
また、在校生(または保護者)・卒業生の方は、電話のみで対応しております。