学びの特徴 <音楽・音響>

プロの現場で使われている機材・スタジオで実践的に学ぶ。

イベント用ホールや録音スタジオなど、プロユースの専門設備・実習室を学内に常設。
最先端な専門設備だからこそ、プロになったときにもすぐに活躍することができます。

  • オーケストレーション

    DAW実習

    作曲・編曲の場面で使用されるDAWソフトに触れながら各楽器の音の特性を習得。コンピュータを使ったオーケストラ・アレンジを通じて、作曲・編曲能力を磨きます。特別授業のオーケストラの演奏鑑賞やレコーディング見学では、音のシミュレート技術や豊かな表現力も養います。

  • コラボレーション

    レコーディング実習

    マイクやミキサーといった機器のセッティングや操作方法、マルチトラックレコーディングの基礎事項と技術など、音を録るために必要な基本ノウハウを学ぶことからスタート。次のステップでは、作品制作を通して、「ProTools」を使ったデジタルレコーディング技術を学びます。

  • MA実習

    MA実習

    映像素材のイメージや雰囲気に合った音楽のバランス調整力、効果音( S E )や効果音楽( M E )、ナレーションといった多彩で複雑な音のバランスを設定時間内にまとめる編集能力を身につけていきます。

  • レコーディング実習

    コラボレーション

    他学科と共同で学生主導のチーム制作を行い、プロジェクトの進行や調整、交渉、作品制作、納期管理など実際の仕事と同等の現場経験を積むことができます。

  • ダンスミュージック演習

    ダンスミュージック演習

    ダンスミュージックの制作過程を学び、TV、ゲーム等のメディアに使用することも可能な音楽制作スキルを身につけます。

  • サラウンド演習

    サラウンド演習

    5.1chサラウンド作品の研究の他、MIX・サウンドデザインの技法を習得します。

  • 作編曲演習

    作編曲演習

    ポピュラー音楽理論を活用し、よりクオリティの高い楽曲を制作します。

  • 音響効果

    音響効果

    音のない映像に命を吹き込み、適切な効果音を映像に施します。

アニメ・ゲーム・C G・ダンスなどの
コラボレーションが
学内で実現!

デジタルアニメ学科、ゲームソフト分野などとの多種多様のコラボレーションで作品制作が可能。
仲間たちと一緒に制作することで、それぞれの新しい才能が開花します。

  • カンヌ国際映画祭に学生が出席

    卒業生、教員、在校生がサウンドトラックレコーディング、効果音収録を行った映画「shikasha」がカンヌ国際映画祭監督週間に正式招待され、制作に参加した学生たちもフランス(カンヌ)の映画祭に参加しました。

  • 映画「舟を編む」の
    サウンドトラックを
    レコーディング

    音楽プロデューサー渡邊崇氏が音楽を担当する石井裕也監督作品「舟を編む」のサウンドトラック収録を授業内で実施。

  • ヴォーカルユニットに楽曲提供

    オリジナル楽曲を制作してアーティストを
    プロデュース。声優タレント学科とのコラボレーションでCDを全国発売。

  • アニメーション制作プロジェクト

    デジタルアニメ学科、声優タレント学科、
    サウンドテクニック学科とコラボレーションしオリジナルアニメを制作。

  • テレビ東京 SPACEBALL
    「INFINITY-宇宙の果てへの旅-」
    制作に参加

    学生・教員が世界初の移動式全天球シアターによるプラネタリウムの効果音制作、フィールドレコーディング、音響効果に参加。

  • 声優タレント学科卒業公演ミュージカルの楽曲制作

    声優タレント学科卒業公演のミュージカル作品において、脚本の各シーンや役どころに合わせた楽曲を提供。作品全体の音楽監修も学生が担当しました。

  • 東京ゲームショウ出展

    ゲームソフト分野とのコラボレーションで、東京ゲームショウに立体音響チェアに座って体験するVRシューティングゲームを出展。

  • 国際映画祭にノミネート

    サウンドトラック収録、効果音制作をした映画が、カンヌ、ベルリン、ベネチア、ロカルノなど世界中の映画祭にノミネート。

音・楽曲制作・音響効果・ゲームサウンドの学科・コース