職業実践専門課程

文部科学大臣認定
「職業実践専門課程」設置校

神戸電子専門学校は設置学科のうち、15学科が文部科学大臣より「職業実践専門課程」として認定されています。
専門学校と企業が密接に連携しているため最新実務の「知識」「技術」「技能」を身につけることができます。

  • 企業と連携 企業と連携

    職業実践専門課程とは

    専門学校( 専修学校専門課程)のうち、企業などとの密接な連携により、最新の実務の知識等を身につけられるよう教育課程を編成し、より実践的な職業教育の質の確保に組織的に取り組むものを文部科学大臣が認定する制度です。文部科学大臣が認定し、奨励することで、専門学校における職業教育の水準の維持・向上を行っていくことを目的としています。

職業実践専門課程の主な認定要件

  • ・修業年限が2年以上で、全課程の修了に必要な総授業時間数が1.700単位時間以上であること
  • ・専攻分野に関する企業、団体等との連携を確保して、授業科目の開設、その他の教育課程の編成を行っていること
  • ・企業等と連携して、実習、実技、実験または演習の授業を行っていること
  • ・企業等と連携して、教員に対し、専攻分野における実務に関する研修を組織的に行っていること
  • ・当該専門分野の企業等が参画した学校関係者評価を行い、その結果を公表していること
  • ・企業等の連携および協力の推進に資するため、企業等に対し、専門学校の教育活動、その他の運営の状況に関する情報を提供していること

職業実践専門課程で
学ぶポイント

  1. ポイント1 ポイント1
    Point
    1
    企業と連携して
    カリキュラムを共同で編成

    職業実践専門課程では、認定要件として、カリキュラムの編成から演習・実習の実施まで、企業などと学校が連携して取り組むため、最新実務の「知織」「技術」「技能」を実践的な方法で学ぶことができます。

  2. ポイント2 ポイント2
    Point
    2
    教員研修の実施で
    実力の高い教員から学べる

    企業などと提携して、最新の実務や指導力を習得するための教育研修を実施しているので、より実力の高い教員から学ぶことができます。

  3. ポイント3 ポイント3
    Point
    3
    学校関係者評価による
    教育の質の保証・向上

    企業など学校に関係する外部委員が参画し、学校の評価を行い、学校および授業の質向上を随時図っています.(学校関係者評価)。より質の高い教育を提供し続けるための取り組みです。

各業界・企業との強固な連携による実践教育
神戸電子では設置学科のうち、下記15学科が職業実践専門課程として認定されています。
リアルな現場の実務を実習・演習として経験することで、現場で必要とされる技術・知識が身につきます。

職業実践専門過程の
基本情報と主な企業連携講座実績

    • 学科名
    • 科目名
    • 学科概要
    • 連携企業等
  • ITエキスパート学科
    科目プロジェクト管理

    科目概要

    PBLを中心に、プロジェクトの上流工程を模擬プロジェクトの遂行により学習する。

    連携企業等

    (株)ブルーオーキッドコンサルティング

  • ITスペシャリスト学科
    科目データベース技術

    科目概要

    SQLを中心にデータベースへのアクセス手法を習得する。

    連携企業等

    (株)ミックウェア

  • 情報処理学科
    (ITエンジニアコース)
    科目データベース技術

    科目概要

    SQLを中心にデータベースへのアクセス手法を習得する。

    連携企業等

    (株)ミックウェア

  • 情報処理学科
    (Webエンジニアコース)
    科目サービス開発

    科目概要

    グループによるWebシステム開発を行い、クラウド上での展開を目指す。

    連携企業等

    (株)ふわっと

  • 情報工学科
    科目C言語

    科目概要

    C言語・Win32APIを利用してWindowsOS上で動作するプログラミング技術を習得する。

    連携企業等

    (株)アルファメディア 神戸支社

  • 情報ビジネス学科
    科目ビジネス演習Ⅰ・Ⅱ

    科目概要

    経理の実践感覚を養い、コンピュータ会計の検定合格を目指す。

    連携企業等

    山本税理士事務所

  • 建築インテリア
    デザイン学科
    (建築デザインコース)
    科目設計製図Ⅱ

    科目概要

    敷地条件・法規制などの条件を考慮した建築インテリア設計を行い、図面・CGパースで表現する。

    連携企業等

    福冨涼建築研究所

  • 建築インテリア
    デザイン学科
    (建築インテリアコース)
    科目設計演習Ⅱ

    科目概要

    敷地条件・法規制などの条件を考慮した建築インテリア設計を行い、図面・CGパースで表現する。

    連携企業等

    一級建築士事務 sign

  • インダストリアル
    デザイン学科
    科目製品企画Ⅰ・Ⅱ

    科目概要

    照明器具の制作及び家具(スツール・チェア)の製作

    連携企業等

    カンマグラム.

  • グラフィック
    デザイン学科
    科目デザイン演習Ⅱ

    科目概要

    企業課題に取り組み、実践的な業務の流れと制作を体験する。

    連携企業等

    (株)Oru

  • エンターテインメント
    ソフト学科
    科目ゲーム開発応用

    科目概要

    スマホや3Dゲーム開発でレビューしてもらい作品の改善に生かす。

    連携企業等

    (株)バンダイナムコスタジオ

  • ゲームソフト学科
    科目ゲーム開発

    科目概要

    作品制作に向けて、制作のポイント・注意点・工夫などセミナーを通して学ぶ。

    連携企業等

    プラチナゲームズ(株)

  • 3DCG
    アニメーション学科
    科目編集技法ⅠA

    科目概要

    映像制作におけるフィニッシュワークを収得する。

    連携企業等

    ANCHOVY

  • デジタルアニメ学科
    科目アニメ制作Ⅱ

    科目概要

    TV放送されるアニメのペイント作業を体験し、現場の求めるクオリティを肌で感じる。

    連携企業等

    (有)フォルテス

  • 声優タレント学科
    科目声優特別授業

    科目概要

    声優:サエキトモ氏によるワークショップ

    連携企業等

    (有)ケッケコーポレーション

  • サウンド
    クリエイト学科
    科目基礎実習

    科目概要

    音に関わる業務に必要な基礎知識を習得する。

    連携企業等

    (株)プラスシグナル

  • サウンド
    テクニック学科
    科目レコーディング
    実習Ⅰ

    科目概要

    マイクの操作方法、マルチトラックレコーディングの基礎事項・技術・レコーディングミキサーの使用方法を実習形式により習得する。

    連携企業等

    (株)ウッディランド