7月1日(木)台湾正修科技大学代表団ご一行が来校

2010年7月1日(木)、台湾正修科技大学から
代表団ご一行22名(代表 柯武徳先生)が本学園に来校されました。

台湾正修科技大学は、本学園と学術研究や交換留学などの提携校であり、
今回の来日は神戸情報大学院大学の見学や
神戸電子専門学校での日本語研修などを目的としたものです。
内、日本語研修を希望する13名は1ヶ月間神戸に滞在する予定です。
宿泊先には本学園のセミナーハウスや学生寮を使用し、
特に日本語研修を受ける学生は、滞在中、日本人の学生と同じ生活環境を体験できるよう、
学校に隣接する徒歩1分の学生寮から通学します。

1ヶ月の滞在期間中には、日本語の学習以外にも、七夕まつりや
専門の先生による茶道、華道、書道など、日本の文化を体験するためのプログラムを多数実施します。
また、日本の伝統行事である打ち水や動物園合同遠足などのイベントで
日本人学生との交流を図ったり、日本の工場見学で社会勉強を行ったりと、
盛りだくさんのプランが準備されています。

台湾正修科技大学代表団の皆さん、滞在中は日本の生活を思い切り満喫してくださいね。
イベントの様子は、今後、本トピックスやブログなどでご紹介しますのでお楽しみに!

■到着後、本神戸電子専門学校 北野館(南館)前にて
20100701_1

学生会館にて歓迎会を実施しました。
熱烈歓迎!
>>正修科技大学公式サイトへ