国連が定めた『世界人道デー』の記念イベントをソニックホールで開催!

001
世界各地で開かれる記念イベント。日本では神戸電子専門学校のソニックホールが唯一の開催会場。
2014/8/19(火)、日本では2回目となる『世界人道デー』記念イベントを神戸電子専門学校ソニックホールにて開催しました。

002本イベントは、国際人道問題調整事務所(OCHA)、独立行政法人国際協力機構のJICA関西、神戸電子専門学校の併設校である神戸情報大学院大学との共催で実施され、さまざまなプログラムを通し、人道支援について考える場を提供しました。

最初に、神戸電子専門学校の併設校である神戸情報大学院大学 副学長の福岡賢二から挨拶とイベント紹介を行いました。
003

■プログラム第一部
国連人道問題調整事務所(OCHA)神戸事務所長の渡部正樹氏から世界人道デーの意義と今年度の取り組みについて、ご説明いただきました。
004

■プログラム第二部
JICA国際緊急援助隊(JDR)事務局の大友仁氏から、2013年フィリピン台風ヨランダでの救援現場について講演をいただきました。現地の映像を交えながらの講演で、被害の恐ろしさや現場活動のようす、支援の大切さを痛感しました。
005
006
007

■プログラム第三部
兵庫県立舞子高校の生徒から、東日本大震災への支援活動について発表がありました。神戸での募金活動をはじめ、現地での活動や高校生との交流など、多岐にわたる活動が紹介されました。
008

■プログラム第四部
神戸情報大学院大学に在籍する、ルワンダ人留学生が彼の研究である「ICT技術を用いた社会課題解決の取り組み」について発表し、普及率の高い携帯電話を用いた早期警報システムの必要性と重要性を発表しました。
009

■プログラム第五部
神戸電子専門学校の女子部・PR部から、私たち誰でも参加できる身近な人道支援活動例として、ペットボトルキャップを収集し途上国の子どもたちにワクチンを送る「エコキャップ活動」の発表がありました。
010011

012

最後に、声優・タレント学科の学生で結成されたヴォイス北野坂によるパフォーマンスがあり、東日本大震災の被災地のひとつ、気仙沼でのボランティア活動についての報告もありました。

からふる☆ぱれっと

からふる☆ぱれっと

Delight

Delight

BIRTH

BIRTH

本イベントはNHKの当日夜のニュースと、「NHK World」というNHKの海外向けの番組でも放送されました。以下のリンクでNHK Worldを視聴いただけます。
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/english/news/features/update/movie201408192024.html
016

関連ページ
国連人道問題調整事務所(OCHA)
国際協力機構(JICA)関西国際センター
神戸情報大学院大学(KIC)
国連人道問題調整事務所(OCHA)Facebookページ
世界人道デー開催告知記事
世界人道デー フォトギャラリー
017018
019020
021022
024025