【IT業界セミナーレポート】さまざまな広告を手がける博報堂アイ・スタジオによる、IT業界セミナー開催!

150620_070_683

入社2年目、3年目のIT技術者が語るWebクリエイティブ会社の実情。
一日の流れや仕事のやりがい、Webの世界の魅力を披露!

2015/6/20(土)、ソニックホールでIT業界セミナーが開催され、株式会社博報堂アイ・スタジオのクリエイティブテクノロジー部部長・北島知司氏、入社3年目のフロントエンドエンジニア・夏見慎弥氏、入社2年目のプログラマ・今渕祥平氏が、Web制作会社のエンジニアについて語ってくださいました。

総合広告代理店・博報堂系列のWebクリエイティブ会社、博報堂アイ・スタジオが他のWeb制作会社と違うところは、IT技術者だけでなく、主に対外折衝を担当するアカウントや、ディレクター、デザイナーもいて、一つの案件が社内で完結できる点です。

今渕氏は、「とある1日の様子」をスライドで披露。プログラマとしての作業だけでなく、社内ではデザイナーなど他の職種の人たちとのミーティングがあったり、時には社外のプログラミングセミナーなどに参加することもあると言います。「さまざまな職種の人と関わって、チームで協力して一つのものをつくりあげたときの達成感はひとしお。当社では自分がやりたいことを発表する場もあり、周りの人たちもそれに協力してくれます」。

夏見氏は大学で社会学を専攻していて、「Webに関われば新しい社会の形が見られるのでは?」と、この会社を選んだのだそう。「モバイル化やソーシャルメディアの登場により、今はWebサイトをつくるだけではなく、その先への展開が不可欠になっています。それは大変ではあるけど、苦労を乗り越えて自分のつくったものを世の中の人々に見てもらえる喜び、クライアントからのねぎらいの言葉が大きな励みになります。働いてみて、デジタルといえども、やはり一番大事なのは『人』だということに気づきました」。

最後に北島氏から語られた、「Webの世界は常に変化しています。だからこそ飽きないし、おもしろいことができる」という言葉に、学生たちも期待を高めていたようです。

150620_063_683

セミナー終了後には楽屋で学生たちの質問も多数受けられていました。

150620_116_683

これから、この業界を目指す方へメッセージ(写真左より、北島氏、今渕氏、夏見氏)

6150620_108_683

人生の貴重な時間をPC画面を見るだけに費やすのはもったいない!
いろんな経験をしよう。

株式会社博報堂アイ・スタジオ
クリエイティブテクノロジー部フロントエンドチーム

フロントエンドエンジニア
夏見慎弥氏

IT業界では、画面の中だけですべてが完結します。でも、画面の外のことにも目を向けたほうが、断然おもしろい!私は学生時代、バイクで1週間北海道を旅したり、興味をもったことはいろいろやりました。そういう経験は自分自身の宝にもなるし、コミュニケーションにも役立っています。学生時代は失敗してもいいので、いろんなことにチャレンジしましょう。また、IT技術はぜひ世のため、人のために使ってください。

 

社会に出て人と話す楽しさを知った。
コミュニケーション力が仕事を左右する!

株式会社博報堂アイ・スタジオ
クリエイティブテクノロジー部開発チーム

プログラマ
今渕祥平氏

私は就職活動をして初めてWeb業界という選択肢があることを知りました。もう少し早く知っていれば、もっといろいろできたことがあると少し後悔しています。なので、学生の皆さんは早いうちから情報収集をして、いろんな選択肢を視野に入れておくことをお勧めします。そして、仕事は一人でやるものではありません。技術力はもちろん大事ですが、社会に出るには、人とちゃんと向き合って話せる人であってほしいと思います。

150620_110_683

株式会社博報堂アイ・スタジオ
ITエキスパート学科・ITスペシャリスト学科・情報処理学科
IT分野ブログ
オープンキャンパス&体験入学