TVアニメ「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」や劇場版「Fate/stay night」などを 手がけるユーフォーテーブルセミナー開催!

0603c_001
数々のハイクオリティな作品を世に送り出してきたイベント企画やカフェの運営なども積極的に行う、業界注目のアニメーションスタジオ。

2017/6/3(土)、「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」や「テイルズ オブ ベルセリア」、「GOD EATER」などの人気アニメやゲームOPなどを手がけるユーフォーテーブルから制作兼採用担当の近藤 亮様とアニメータ兼採用担当の佐藤 哲人様にお越しいただき、アニメ業界セミナーを開催しました。今回のセミナーは、今後「就職」を考えて、業界研究を始めるために知っておきたい心構えなどをお話しいただきました。
まず、同社が手がけた作品の映像が流され、会社説明からスタートしました。続いて、アニメ制作の体制や同社の特長でもある自社制作の意味や考え方が説明された後、アニメ業界で働くことに対してのお話がありました。
アニメの制作会社にもいろんな働き方があると近藤氏。モノづくりに対する姿勢、考え方もそれぞれ異なるので自分がどういう風に働きたいのか?どういうモノづくりの環境で作品を作りたいのか?それをまず初めにしっかりと考えたうえで、それに合致する会社を選ばないと入社後つらい思いをすると「就職」に対する観点についてアドバイスをいただきました。

0603c_003映像制作スタジオとしての特色に関してのパートでは、編集と音響以外はすべて社内にスタッフが常駐していること。作品によって柔軟なスタッフィングを行っていくために役職を設けず、フラットな体制であることなど、他の制作会社との比較も交えて解説されました。

また、徳島スタジオの特長として「マチ☆アソビ」イベントの紹介もありました。
後半の質疑応答では、「アニメーターとして必要なスキルは」「デジタル作画について」「スタジオの雰囲気」「業界で働くやりがいは」等々、たくさんの質問が寄せられましたが、臨機応変に参加した学生の状況に即した回答をしてくださるなどここでしか聞けない様々なトークが繰り広げられ、学生たちも満足のいくセミナーとなりました。

0603c_002セミナー終了後は在校生の作品指導もしていただきました。

一人のヒーローではなく、スタッフ皆が活躍できる会社です。
ユーフォーテーブル有限会社
制作兼採用担当
近藤 亮氏

『活劇 刀剣乱舞』というタイトルで弊社の生え抜きスタッフが一気に8人キャラクターデザインでデビューします。この流れを単発にせずに、若い人たちがどんどん作品のメインスタッフになっていくという循環を継続的にやっていけるようにしていきたいと思っています。
弊社は、職務上の役職はありますが階級は設けていませんので、それをフルに使って若い子にどんどんチャンスをあげて、いつまでもフレッシュな会社でいられるようにしたいです。

学生生活に悔いのないよう、努力して会社に入って欲しいです。
ユーフォーテーブル有限会社
作画監督兼採用担当
佐藤 哲人氏

苦手なものも描いていくうちに好きになると思うんです。描けるようになったら楽しいじゃないですか。
それができるようになると楽しく作業ができるようになりますよね。基本、楽しくないと仕事は出来ないので、そのための努力としては、反復練習しかないですね。学生のみなさんには、好きなものと嫌いなものを同時に行うこと、両方を組み合わせた絵の描き方をしてみるとストレスなく練習に取り組めるんじゃないかなと話しています。学校には、すごく上手い人もいると思うんですが、みんな努力して上達しいてるはずなので、悔いのないように努力して会社に入って欲しいですね。

【関連リンク】
・ユーフォーテーブル
・神戸電子専門学校 デジタルアニメ学科ページ
・オープンキャンパスや体催入学実施中!