【セミナーレポート】『ゾンビランドサガ』『賭ケグルイ××』などを手がけるMAPPAによる 3DCG業界セミナーを開催!

DSC07099デジタル制作の裏側

2019年4月27日(土)、『ユーリ!!! on ICE』や『この世界の片隅に』など、多数の話題作品を手掛けるスタジオ・株式会社MAPPAよりCGI部部長 淡輪雄介氏、CGI部/3DCG 黒岩あい氏、CGI部/撮影 柳田貴志氏の3名様にご来校いただき3DCG業界セミナーを開催しました。

DSC07033本セミナーではデジタル制作の裏側 ~3DCG&撮影~として『ゾンビランドサガ』を題材に3DCGと撮影処理を用いたライブシーンの制作プロセスを工程順に解説していただきました。
まず、黒岩氏より「モデリング・セットアップ」、「モーションキャプチャー収録」、「レイアウト・アニメーション」、「フェイシャル・揺れ物」、「レンダリング・ルック調整」の5つのステップに沿ってそれぞれご説明いただきました。ひとつひとつ作業内容が映像を交えた解説になっておりとても分かりやすい内容でした。モーションキャプチャー収録では、実際の撮影風景や髪の動きなどの参考に使用したダンス動画などもありました。次に柳田氏より撮影についての説明がありました。雨の中を走るシーンがセルとBG(背景)素材、しぶきの素材、雨の素材など順にCG撮影本編になるまでを解説していただきました。さらにライブシーンのCG撮影と本編映像の比較もあり、撮影処理で何を行い、どういう効果をもたらすのかなど柳田氏がこだわりも含めお話しいただきました。

DSC07072最後に淡輪氏から就活に関するアドバイスとして「志望動機とやりたいこととの整合性が取れていること。」「自分が何をやりたいのかわかっていること。」と学生たちへメッセージをいただきました。質疑応答にも丁寧にお答えいただき3DCGアニメ業界を目指す学生たちは大いに参考となったセミナーでした。

【関連ページ】
株式会社MAPPA
3DCGアニメーション学科紹介ページ
3DCGアニメーション学科公式YouTube
参加無料!オープンキャンパス特設サイト