【セミナーレポート】数多くの有名タイトルでアニメーションやVFXを手掛ける株式会社白組による3DCG業界セミナーを開催!

IMG_1364b老舗の映像制作会社「白組」その魅力と求めるクリエイター像。

2019年8月27日(火)、アニメ・3DCG業界セミナーを開催しました。お招きしたのは、株式会社白組の乱場由美子氏。同社は40年以上にわたり数多くのテレビCM、アニメーション、ゲームなどを手がけてきた老舗の映像制作会社。映画『ALWAYS』シリーズ、『永遠の0』、『寄生獣』などの監督を務めた山崎貴が所属していることでも有名です。ミニチュアのストップモーションから最先端のVFXまで、さまざまな映像技術を駆使した作品を制作する同社の魅力と求めるクリエイター像についてお話しいただきました。

IMG_1374b最新の映像作品紹介からセミナーがスタート。映し出される映像はどれも見覚えのあるCMや映画、アニメばかりで、クオリティの高さはもちろんのこと、その仕事の幅広さに驚かされます。次に制作現場の説明がありました。青山・三軒茶屋・調布にスタジオを構え、それぞれ制作チームが所属しているとのこと。中でも調布スタジオは、モーションコントロールカメラ、ミニチュア工房なども備えたVFXの総合制作スタジオだそうです。「これだけの設備がそろったスタジオは国内では珍しく、このスタジオ自体が白組の特徴だといえる」と乱場さんは話されました。制作チームは、それぞれがリアル系から可愛い系、CMや映画などあらゆるジャンルの作品制作に関わるのだそうです。スタッフも複数工程に携わるそうで、「ひとつ得意なものがあれば、それに付随するもうひとつの工程にも手を伸ばしていこうという考え方が白組の中にあります。」と乱場さん。学生たちに次の工程を考えながら作ることは大事なことだと話されました。「白組は、ジャンルを問わず新しいことにチャレンジしてみたいという人に向く会社」とも話す乱場さん。学生時代から自分は「これしか出来ない、これには向いていない」と決めつけることなく、自分にはもっと可能性があるとの思いを持ってCGに取り組んで欲しいとアドバイスをいただきました。

IMG_1394bポートフォリオ作り方についての話では、実際に白組に入社された方の制作実例を見ながら解説していただきました。ポートフォリオに盛り込んで欲しい情報として「どれくらい時間をかけたか」、「どんなソフトを使用したか」「コンセプト」、「制作フローの工夫したこと」、「苦労したこと」、「苦労をどう解決したか」などが挙げられました。また、制作過程を見せることや参考にした画像との比較なども重要だということでした。「ポートフォリオは、自分が学んできたことを伝えるためのツールなので何を伝えたいのかを考えること。そして、最後までやりきるものを見つけて、全力を尽くしてください。」とエールをいただきセミナーは終了。CGへの取り組み、作品制作にたくさんのヒントをいただけた貴重な時間となりました。

【関連ページ】
株式会社白組
3DCGアニメーション学科紹介ページ
3DCGアニメーション学科公式YouTube
参加無料!オープンキャンパス特設サイト