【セミナーレポート】空間デザイナー:前田 基行氏によるインテリア・プロダクトデザインセミナーを開催!!

R1_7_27_006
空間デザイナー前田基行が語る。「空間を扱う」とは。
2019年7月27日(土)、COMMAGRAM. 〈カンマグラム.〉代表/空間デザイナー前田 基行氏をお招きし、インテリア・プロダクトデザインセミナーを開催しました。
空間デザイナーの枠にとらわれず、写真やグラフィックなどのクリエイティブワークを展開する前田氏。その幅広い仕事の一端が紹介されました。

R1_7_27_007
ご自身が立ち上げられたデザイン事務所COMMAGRAM. 〈カンマグラム.〉の名前の由来はギリシャ語を語源とする造語だそうです。
「デザインに関する記号を用いて人それぞれにある生活の1ページを彩っていく」という理念が込められていると説明をされたうえで、将来、就職や独立をした際に、指標を持つことの大切さを学生たちに説かれていました。
また、目標管理として使っておられる棒グラフを紹介され、学生たちに今後の道筋を今から考えることを勧められました。

R1_7_27_025
次に会社のビジョン「どうなりたいか」「今なにができるか」「何をしていくべきか」に沿ってご自身のお仕事を解説されました。
建築物の竣工写真、ロゴマークのデザイン、プロダクトデザインの事例として椅子の製作などがスライドで紹介されていきます。
空間デザインでは、病院や体育館のエントランスのリノベーション、神戸の開港150周年記念で行ったインスタレーションによる空間演出など、さまざまな事例について、デザインの意図や前田氏の想いを交えながら説明していただきました。学外交流として学生たちと参加した「ちっびこうべ」イベントのお話もありました。

R1_7_27_031
最後に仕事をする上での心構えを「自分の考えをもつこと、相手のこと想って取り組むことが大事」とまとめられた前田氏。一貫した姿勢を崩さないその仕事ぶりに学生たちも感銘を受けたようでした。

関連リンク