人気・実力ともにトップクラスの声優!森川智之氏による声優業界セミナー

2019/7/14(日)、森川智之氏の声優セミナーを開催しました。
森川氏といえば『ミッション:インポッシブル』イーサン・ハントや『ズートピア』ニック・ワイルド、『NARUTO -ナルト-』波風ミナト、『ファイナルファンタジー』セフィロスなどアニメやゲーム、映画の吹き替え等、多くの作品に出演されています。

森川氏が考える声優になるために大切なこと

開始早々、森川氏から「声優ってどんな仕事か説明できますか。」と学生たちへの質問。
アニメ、吹き替え、イベントのMC、ラジオ、芝居などイメージした仕事が次々に挙げられます。「声優の仕事は、アニメの声、洋画の吹き替え、ナレーションが基本です。それ以外はそこから派生したものです。」と森川氏。昨今、華やかさが先行する声優業界ですが、基本を忘れないこと、基本を忠実にこなすための練習、稽古を欠かさないこと。声優の大切な心構えのお話からスタートしました。

その後も、作品に出るのはすべてオーディションであることや声優を目指し学んだ、勝田声優学院での経験談など交え、いろんなエピソードを楽しくお話いただきスペシャルトークは和やかに進んでいきます。
最後に、まだ声優という言葉がなく「アテ師」と言われていた時代から環境が大きく変わっても声優の仕事は変わらない。あくまで声優は、「声で演じる、声の職人」だと森川氏。「ブレないで、頑張って、教えられたことをコツコツ積み重ねて練習していくことで、必ずチャンスが来る。その時に後悔しないように、強い覚悟をもってアクター(声優)としてしっかり稽古をしてほしい。」と学生たちにエールが送られました。

学生からの質問にプロ目線のアドバイス

「皆さんからの質問を僕がいい声で読みます。(笑)」と森川氏。「感情の移り変わりが激しい役を演じるコツは?」の質問には、余白のある演技が必要と森川氏は言います。「見ている人が考えたり、楽しんだりするための余白(間)が大事。」。
「吹き替えの際、注意していることは?」には、「人間を演じる時に気を付けるのは「呼吸」。映像を見てその人の「吸う」「吐く」の間隔を身に着けて自然にやること。」と回答いただきましたが印象的なのは「望む人材」に対する回答。「本気で声優になりたい人が理想。競争が厳しくても負けないメンタルの強いひとが向いている職業だと思う。」と森川氏。「職業とする覚悟」が大切なのだとよくわかります。憧れだけだは声優にはなれない、続かないと森川氏は教えてくれました。最後は、学生たちへのお手本とエールを込めて滑舌(発声)練習として有名な「外郎売(ういろううり)」を披露してくださいました。すべてにおいて圧巻の口上に学生たちは、さらなる練習、稽古への意欲に駆られた様子でした。とても素敵なスペシャルトーク、貴重な時間となりました。

関連ページ
アクセルワン オフィシャルWEBサイト
神戸電子専門学校 声優タレント学科
神戸電子専門学校 オープンキャンパス

タグ:

声優タレント