声優タレント学科1年生 進級公演「THE シェイクスピア」

2020/2/1(土)神戸電子専門学校マルチメディア館 不動坂スタジオにて声優タレント学科1年生の進級公演「THEシェイクスピア」を開催しました。

2020/2/1(土)神戸電子専門学校マルチメディア館 不動坂スタジオにて声優タレント学科1年生の進級公演「THEシェイクスピア」を開催しました。
学生達は稽古期間約半年を掛け、人生初の舞台を演じきりました。
保護者の皆様も遠方よりご来場していただき、特に県外から入学した学生の保護者の方からは入学してからの変化に、驚きのお声もいただきました。
「高校時代は「人前で話すのが苦手」、人見知りなので演劇等は難しいと思っていたが、入学9か月で人が変わったみたいに演じれていたのを見てビックリしました。」とお声がけいただきました。
入学前は9割の方が初心者です。声優タレント学科では「人前で話すのが苦手」「演技をしたことがない」「上手く表現できるか心配」と思っている貴方でも問題ありません、ぜひ一度オープンキャンパスに参加してみてください。

では肝心の進級公演の様子をダイジェストでお送りします。

声優タレント学科とは

 基礎からハイレベルなレッスンまでを重ね、プロの現場で必要な技術をマスターします。
徹底的に声を作りながら、吹替え、歌唱、演劇など多彩なカリキュラムでマルチなスキルと「マネジメント力」「創造力」を培い、人間力の形成をバックアップします。

卒業後の進路

充実の施設設備

・ソニックホール
インターネット放送にも対応したマルチメディアホール。
舞台演技やダンス、ヴォーカルなどの発表会でも活用。

・北野坂スタジオ(レコーディングスタジオ)
アフレコやヴォーカル、ナレーションの収録を行うスタジオ。

・コラボレーションスタジオ
ナレーションやアフレコの授業で使用します。4つのブースを備え、他分野とのコラボレーション作品の制作でも活用。

・パフォーマンススタジオ
体を使った表現を身に付ける実習で活用。

MAルーム
アニメ、映画などの映像に音声(セリフ、効果音、音楽、ナレーション等)を入れ込み作品を仕上げていきます。


オープンキャンパスの流れ

関連ページ
神戸電子専門学校  声優タレント学科ページ
神戸電子専門学校 声優タレント学科 学びの特徴
神戸電子専門学校  声優タレント学科 講師の紹介
神戸電子専門学校 神戸電子BLOG
オープンキャンパスの予約はこちらから!