人道支援の地「神戸ユダヤ共同体」(神戸ジューコム)跡地 案内板 除幕式を挙行しました


除幕後、案内板の内容について説明をする、学校法人コンピュータ総合学園 常務理事 福岡 賢二
※「学校法人コンピュータ総合学園」は神戸電子専門学校を運営する学校法人です。

2020/11/19(木)、人道支援の地「神戸ユダヤ共同体」(神戸ジューコム)跡地 案内板 除幕式を挙行しました。

神戸電子専門学校南館の石垣が、難民支援の歴史的跡地であることを受けて、その記録を後世に残すため案内板を設置しました。
除幕式では、オンラインで海外と接続し、神戸で実際に過ごした方から当時の様子をお聞かせいただけたほか、駐日大使館からご来賓をお迎えできるなど、本校だけでなく世界的にも歴史的イベントとなりました。
また、Facebook LIVEによるライブ配信も行い、多くの国内外の方にもご覧いただきました。ライブ配信を保存した動画は、「人道支援の地「神戸ユダヤ共同体」(神戸ジューコム)跡地 – “The site of the Jewish Community of Kobe”」Facebookブックページにてご覧いただけます。


これらの写真は、Facebookページのアルバムでもご覧いただけます。

関連リンク

タグ:

全学科