グラフィックデザイン学科、愛媛の学校とものづくり競技大会の練習試合を実施!

 


先日2021/3/16・17の2日間にわたり、神戸電子専門学校のグラフィックデザイン学科1年生が愛媛の河原デザイン・アート専門学校と、若年者ものづくり競技大会の練習試合を行いました。

若年者ものづくり大会は技術を競う全国大会で、毎年グラフィックデザインの種目で参加しています。
前回大会では金賞銀賞を受賞しました。次回の愛媛県での大会に向けて、毎年、愛媛県の代表校として参加している河原デザイン・アート専門学校の学生さんと、オンラインで練習試合を行いました。

第9回では、なんと日本代表としてブラジルの世界大会に参加した学生も!

最初のルール説明を聞いた後、個人での作業があり、2日目の最後にプレゼンです。

今回の練習試合テーマは、幅広い世代の外国人の男女へ「金沢工芸をPRする展覧会」の告知を目的としたデザイン制作。神戸電子の学生のプレゼンの様子をご覧ください!

華やかなポスター制作だけでなく、ロゴデザインも行います。多様なフォントを使い分けるのが腕の見せ所です。

同じテーマでも、人によって全く違う作品が出来上がっています。


ピンバッチのデザインも行いました。




プレゼンではデザインのテーマやコンセプトなどを分かりやすく説明し、制作物の魅力を伝える必要があります。

今回は練習試合でしたが、今年の夏に愛媛で開催される実際の大会に本校の学生が出場します。
河原デザイン・アート専門学校のみなさま、ありがとうございました!
夏にまた、愛媛の地でお互い良い結果を残せるよう切磋琢磨しましょう!