【告知】9/9(土)、CG-ARTS協力企画 CG制作会社3社による、3DCG業界セミナーを開催!

20170909_cg-arts00_2
2017/9/9(日)13:00より、CG-ARTS(公益財団法人 画像情報教育振興協会)協力によるCG業界3社対談スペシャルセミナーを開催いたします。

業界連携セミナーとは

IT・ロボット・ゲームソフト・アニメ・3DCG・グラフィックデザイン・サウンドデザイン・声優・インダストリアルデザイン・建築・インテリアなど、本校での学びから目指す、さまざまな業界のクリエイター・プログラマや採用担当の方々をお招きし、プロならではのリアルな内容をお話しいただくというものです。
神戸電子が強化している「業界連携」の一環として実施。みなさんが憧れている業界の、最前線で活躍している方々から直接お話を聞くことで、より一層その業界を理解し、就職に近づくことができる絶好の機会です。

業界連携セミナーレポート特集はこちら

講演テーマ

世界に挑む!日本のフル3DCGアニメ。

近年フル3DCGを活用し世界市場を視野にいれた作品制作が増えているなか、作品の海外展開、または海外からの受注や連携について、これまでの経験を通して今後の展開について、作品をとりあげながら語っていただきます。

講演者プロフィール

株式会社SOLA DIGITAL ARTS
CCO/監督
荒牧 伸志氏

1960年福岡県生まれ。フルCGアニメ業界をリードし続ける日本を代表する監督演出家。メカニカルデザイナーやプロダクションデザインも数多く手掛ける。主な監酋作品は『キャプテンハーロック』、『APPLESEED』、『スターシップ・トゥルーパーズインベイジョン』など。最新作は、お台場のVR-ZONEで体験できる体験型ロポットライドVR『アーガイルシフト』。

株式会社アニマ
代表取締役
笹原 晋也氏

1973年石川県生まれ。ゲーム開発会社数社でCGアーティストとして様々な作品制作に携わった後、2003年に㈱アニマ代表取締役就任。アーティスト出身ながらも数字に重きを置くマネジメントにこだわり、「世界に通用するCGアニメーション制作」を視野に入れながらゲームやVRなどのインタラクティブな分野の拡大と海外案件獲得に向けた研究開発や教育に力を入れている。

株式会社ポリゴン・ピクチュアズ
代表取締役 /エグゼクティブプロデューサー
塩田 周三氏(モデレータ)

上智大学法学部国際関係法学科卒業。1991年新日本製鑓株式嘗社入社。1997年株式会社ドリーム・ピクチュアズ・スタジオ立ち上げに参画後、1999年当社入社。2003年代表取締役に就任し、海外マーケット開拓に注力。
2008年には、米国アニメーション専門誌AnimationMagazineが選ぶ「25Toon Titans of Asia (アジア アニメーション業界の25傑)」の一人に選定された。

セミナー参加のお申込について
電話予約:フリーダイヤル 0120-449-467 (平日9時~17時)にて受け付けております。
Web予約こちらのページからご予約いただけます。
Twitter予約公式TwitterにDM(平日9時~17時)にて受け付けております。
※お申込多数の場合は、先着順になる可能性がございますので、お早めにお申し込みください。

関連リンク