19年連続出展!東京ゲームショウ2017レポート

21951356_850863108427079_491398674_o_R

本校ゲームソフト分野が19年連続出展!東京ゲームショウ2017レポート

2017/9/21(木)~9/24(日)の4日間にわたり、千葉県にある幕張メッセにて、東ゲームショウ2017が開催されました。

東京ゲームショウとは?

東京ゲームショウは、一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が主催する世界最大級のコンピュータエンターテインメントの総合展示会。さまざまなゲーム企業やゲーム開発者育成の教育機関がブースを出展し、新作のデモプレイや学生作品などを発表しています。

学校の出展ブースも多数ありますが、中でも神戸電子専門学校のゲームソフト分野は1999年から今年まで19年連続で出展しており、西日本の教育機関としては最も早くから出展している専門学校です。

IMG_0216_R

IMG_8723_R

22050522_851716781675045_710679807_o_R

注目のタイトルも多数出展されており、今年の東京ゲームショウは、国内292社・海外317社の合計609社が参加。国内出展社は昨年より 20社以上増加し過去最多となりました。VR/ARコーナー、インディーゲームコーナー、ビジネスソリューションコーナーなどでの出展社も増えており、さまざまな分野の企業・団体が東京ゲームショウに参画していることが伺えます。また昨年同様に全体の過半が海外出展社となり、東京ゲームショウがアジアにおける商談のハブ機能を果たすようになっています。

VR/AR、e-Sports、動画配信――新たな楽しみが広がるGAME

「さあ、現実を超えた体験へ。」をテーマに掲げる今年の東京ゲームショウ。昨年新設し注目を集めたVR は、今年、AR(拡張現実)やMR(複合現実)まで出展分野を拡充。さらに、触覚や嗅覚に対応したデバイス も登場するなど、新たなテクノロジーがもたらす、これまでにない驚きを体験することができました。

業界連携セミナーや在校生の作品指導などで神戸電子と交流のある企業が多数参加!

IMG_8799_R

「ファミ通」ブース
(『週刊ファミ通』編集長の林 克彦氏セミナーの様子はこちら)

IMG_8915_R
「株式会社バンダイナムコエンターテインメント」ブース
(株式会社バンダイナムコスタジオ、アニメーション部/部長の中村氏セミナーの様子はこちら)

IMG_8943_R
「株式会社セガゲームス」ブース
(「龍が如く」シリーズ総合監督を務める、株式会社セガゲームス名越 稔洋氏セミナーの様子はこちら)

IMG_8942_R
「株式会社スクウェア・エニックス」ブース
(株式会社スクウェア・エニックス第8ビジネスディビジョン テクニカルディレクター 鈴木氏 條山 のセミナーの様子はこちら)

IMG_9011_R
「株式会社カプコン」ブース
(『モンスターハンターワールド プロデューサー、辻本氏 ディレクター、藤岡氏のセミナーの様子はこちら)

21日(木)には日本ゲーム大賞が発表されました!

日本ゲーム大賞とは?

当協会(一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会)は、1996年度より、家庭用ゲーム機、パソコン等プラットフォームの種類に制限を設けず、「公開」「公平」「公正」 の精神に則り、優秀なコンピュータエンターテインメントソフトウェアを選定し、表彰してまいりました。本表彰制度の開催目的は、コンピュータエンターテインメントソフトウェアをひとつの文化として捉え、その振興を図るとともに、コンピュータエンターテインメントソフトウェア産業の発展に寄与することにあります。さらに、一般投票の促進や、同賞受賞作品を広く公開することを通して、コンピュータエンターテインメントソフトウェア産業全体の社会的認知の拡大と、向上に努めることを目的としております。
(日本ゲーム大賞HP)

神戸電子に業界連携セミナーでお越しいただいた企業も日本ゲーム大賞を受賞されました。

IMG_9666_R
「グローバル賞 海外作品部門」では『FIFA』などを手掛けるエレクトロニック・アーツ株式会社が受賞しました。
(エレクトロニック・アーツ株式会社 泉氏セミナーの様子はこちら)
IMG_9822_R
「優秀賞」では株式会社スクウェア・エニックスから『ファイナルファンタジー15』が受賞。
(株式会社スクウェア・エニックスのセミナーの様子はこちら)

IMG_9928_R
さらに株式会社スクウェア・エニックスから『NieR:Automata』が「優秀賞」を受賞。開発を担当したプラチナゲームズ株式会社の方も登壇されました。
(プラチナゲームズ株式会社『NieR:Automata』セミナーの様子はこちら)

東京ゲームショウ2017の総来場者数は25万4,311人でした、今後益々発展するゲーム業界の活気を感じました。
今回展示されていた作品も含めて、神戸電子ゲームソフト分野の学生作品は、ソフトウェアダウンロードサイト「ベクター」や「Androidアプリ」からお試しいただけますので、興味ある方はぜひ試遊ください。

この東京ゲームショウに合わせて、ゲームソフト分野の1年生を中心に2017/9/21(木)~9/23(土)の2泊3日で東京研修旅行を行いました。初日から2日目は、東京観光や東京ディズニーリゾートを楽しみ、3日目は東京ゲームショウを見学しました。
ゲーム業界の最先端に触れ、刺激を受けた学生たち。これからの活躍にご期待ください!

関連ページ