【成果発表会レポート】IT分野デジタルワークス2020-2021(Part3)

社会を変える新たな視点と情熱!
「IT分野デジタルワークス2020-2021」を開催。

2021/2/4(木)、「IT分野デジタルワークス2020-2021」を開催しました。例年ならば、学外のホールで開催していますが、今回はコロナ禍の影響もあって初のオンラインでの実施となりました。

■3年生

WorkPACK

例えば、「検索ができない」、「課題の提出期限がわかりにくい」など、Google Classroomにある課題点を改善したのがデスクトップアプリケーション「WorkPACK」です。デスクトップ上での管理で、課題の提出期限が一目瞭然、もちろん、検索システムも完備。さらに、スマートスピーカーの機能も搭載し、知りたい情報を音声検索ですぐに呼び出せます。その機能性もさることながら、このチームはプレゼンテーションも大変すばらしかったです。ユーザーの目線に立ったわかりやすいプレゼンテーションで、サービスの使い方やメリットがしっかりと伝えられていました。

ステッカー管理サイト garbage collection

「好きなアニメや推しのステッカーを購入したものの、好き過ぎるあまり使えない」。これに着目したのがステッカー管理サイト「garbage collection」。ステッカーを写真で読み取って管理、さらに、ユーザー同士で自慢し合えるというサイトです。また、ステッカーをノートやPCなどに張り付けるシミュレーション機能なども搭載。スマートフォンアプリ化も検討しているとのことです。ステッカーにこれほどまでに特化したサイトは、他にもないと思われます。ぜひとも、今後もアップデートを続けてもらいたいです。そして、「ステッカー= garbage collection」という世の中になれば本当にすばらしいです。


鍛えられたプレゼンテーションで多くの人の共感を得ていた「WorkPACK」

■4年生

KonofanCalc

「KonofanCalc」は、ゲームアプリ「この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ」のために開発されたスマートフォンアプリです。バトルでの複雑なダメージ計算も、スマートフォンアプリで簡単に実行できます。去年の11月にGoogle playストアでリリースされ、好評を集めています。さらに、Twitterにて公式アカウントを設置し、リリースからのわずかな期間で100名以上にフォローされるなど、今、ユーザーたちの注目を集めています。このように学生たちが作ったアプリやサービスが注目されていることは、大変喜ばしいことです。


Google playストアからリリース済のサービス「KonofanCalc」

【福岡校長による閉会の挨拶】

本校が掲げる「クリエイティブエンジニア」とは、「仕様書通りのものが作れる」をベースとして学びはじめ、次に「多様な価値観とぶつかり合って、触発して得たアイデアを練り込んでものを作れる」としています。発表を通して、その「クリエイティブエンジニア」というものが、どういったものであるのかという認識が、学校全体で高まっていることを感じました。また、ノミネートに届かなかったみなさんも、卒業を迎える方は本校で学んだ技術をもって、社会で活躍していって欲しい思います。そして、進級を迎える方は、来年こそはぜひ、ノミネートされるように、がんばっていただきたいと思います。みなさん、本日はお疲れさまでした。そして、関係者のみなさま、本当にありがとうございました。

閉会後は、デジタルワークス専用のポータルサイト上で、学生たちと審査員、ご来賓企業のみなさまとの交流会が行われ、大盛況で幕を下ろしました。
今回のデジタルワークスはオンラインという初の試みではありましたが、例年通りの盛り上がりとなりました。今後もITツールを活用しながら、さまざまなイベントを実施し、学刺激あふれる学びの場を提供していきたいと思います。

関連ページ

【成果発表会レポート】IT分野デジタルワークス2020-2021(Part1)
【成果発表会レポート】IT分野デジタルワークス2020-2021(Part2)
ITエキスパート学科・ITスペシャリスト学科・情報処理学科
IT分野公式YouTube(学生プレゼンテーション動画)
Webエンジニアコース(2021年よりAIシステム開発学科)公式YouTube(学生プレゼンテーション動画)

オープンキャンパス&体験入学